転職をする人で賞与まで待って退職しようと言う甘い考えは止めましょう

2016年6月2日(木) 21:25

転職をする時期は、賞与を貰ってからの方が収入も増えますし、いいのではないでしょうか。
ボーナス月を退職時期と考えている人もたくさんいると思いますが、その時期が来るまでに転職先を決定しておいた方が賢いでしょう。最もよいのは、ボーナスをもらった月に退職し、その後、すぐに転職先に就けるように動くことです。一般論として、転職に、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士の資格があるでしょう。中小企業診断士の資格があれば、経営知識を有することが証明されるのでその会社にとって貴重な存在であると扱ってもらうことができるでしょう。法律をよく知る行政書士やお金関する様々な情報を持つファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。
他の業種に転職するのは簡単ではないイメージが強くありますが、本当のところはどうなのでしょうか?結論を先にいうと異業種への転職はとかくスムーズにいくわけではありません。
経験者と未経験者の2人から採用する場合、採用担当者としては未経験者より経験者を選びがちです。ただ、どうしても出来ないというわけではないので、本人の努力によっては新しい仕事を得ることもあるでしょう。
転職の履歴書のコツですが、これまで勤めていた会社でどんな仕事をしていたのか、どういった業績があったかなど、自分がどのような仕事の成果を上げたのかを理解しやすいように書くことがポイントになります。
転職を考える際には、まずは、履歴書を通してアピールすることが重要なのです。

コメントは受け付けていません。

«

»

▲Pagetop