異業種に転職しようと思っている方は覚悟が必要です

2016年6月9日(木) 09:07

異業種に転職する人も少なくありませんから、方法を考えればできます。
しかし、その時は覚悟しなくてはいけません。
場合によっては、なかなか決まらず、長く転職活動をしなければならない可能性があります。
20代でしたら色々なことをすぐに吸収できますから、未経験者が採用されることも多いのですが、30代になってしまうと、やはり仕事を覚える速度が遅くなるので、採用されにくいでしょう。就職活動での面接で気を付けるべき点は、一般的には、最初のイメージを良くすることで、しっかりと自分の言葉で、面接官と意思疎通を図る姿勢が大切です。共感を引き出すためにも、自分の思いが相手に届くように話すことが重要です。
その会社関連の情報を予め調べるなどの準備もしておいた方が無難です。
転職の際に必要とされる資格というのは、専門職の他はそれほど多くないようですが、持っている資格が有利に働くという意味では、やはり、国家資格が一番のようです。特に、建築・土木系の中にはたとえば建築士などがそうですが、「業務独占資格」と言われるその資格がないと実際に業務ができないという職業が多いので、狙い目といえるでしょう。職場を探すに当たって、正社員を目指す傾向があるのは、昔から変わらないものです。正社員の利点は安定した収入を得ることができることです。保険やボーナスにおいても大きな利点があるのです。
ただ、実際には非正社員の方が割がよい仕事も多くあり、どちらが良いかは計算が必要だといえます。

転職をする人で賞与まで待って退職しようと言う甘い考えは止めましょう

2016年6月2日(木) 21:25

転職をする時期は、賞与を貰ってからの方が収入も増えますし、いいのではないでしょうか。
ボーナス月を退職時期と考えている人もたくさんいると思いますが、その時期が来るまでに転職先を決定しておいた方が賢いでしょう。最もよいのは、ボーナスをもらった月に退職し、その後、すぐに転職先に就けるように動くことです。一般論として、転職に、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士の資格があるでしょう。中小企業診断士の資格があれば、経営知識を有することが証明されるのでその会社にとって貴重な存在であると扱ってもらうことができるでしょう。法律をよく知る行政書士やお金関する様々な情報を持つファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。
他の業種に転職するのは簡単ではないイメージが強くありますが、本当のところはどうなのでしょうか?結論を先にいうと異業種への転職はとかくスムーズにいくわけではありません。
経験者と未経験者の2人から採用する場合、採用担当者としては未経験者より経験者を選びがちです。ただ、どうしても出来ないというわけではないので、本人の努力によっては新しい仕事を得ることもあるでしょう。
転職の履歴書のコツですが、これまで勤めていた会社でどんな仕事をしていたのか、どういった業績があったかなど、自分がどのような仕事の成果を上げたのかを理解しやすいように書くことがポイントになります。
転職を考える際には、まずは、履歴書を通してアピールすることが重要なのです。

年収アップの為の転職も良いと思います

2016年5月25日(水) 12:04

年収アップのための転職希望者も多いことでしょう。確かに、職場を変えることで年収があがることはあり得ることです。ただし、お給料が少なくなってしまう可能性も否定できないことをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。
お給料を増やすためには、いかに落ち着いて高報酬の仕事を探せるかが重要なポイントとなります。
転職するための活動は今の職に就いている間に行い、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。
退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐにでも働き始めることができますが、転職する先がなかなか決定しない事例もあります。
職の無い期間が半年を超えてしまうと、就職先が少なくなりますから、転職先のことを考えずに今の仕事を辞職しないようにしましょう。
労働時間の長さを理由に辞めたときは「生産性を考えた仕事をしたい」、やりがいのある仕事と感じられずに辞めた場合は「新しい環境でさらに自らを成長させたい」としておくとよい印象を与えます。ネガティブな転職理由も表現を変更することで、ポジティブなものに変わります。
履歴書に記載する場合は、150文字〜200文字といったところが理想です。転職に強い資格を取っておくと、急な場合にも心配しなくて済みますね。そのような資格には例えば、TOEICがあります。
TOEICとは、自分の英語の力を証明する資格になります。
グローバル化が進行している現在、一定の基準を満たす英語力を有する人材を求める会社がすごく多くなってきました。どの業界でも英語力の高い人材を希望しているので、転職するに際してとても有利な資格だといえます。

▲Pagetop